スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【Nightheaven of the crow】

2011-10-15 Sat 02:07
【Nightheaven of the crow】
【40】【15】【15】

メインデッキ【40】
モンスター【19】
ライオウ 3
BF-蒼炎のシュラ 3
BF-黒槍のブラスト 3
BF-極北のブリザード 3
カオス・ソルジャー-開闢の使者- 1
ダーク・アームド・ドラゴン 1
冥府の使者ゴーズ 1
BF-精鋭のゼピュロス 1
BF-月影のカルート 1
BF-疾風のゲイル 1
BF-大旆のヴァーユ 1

魔法【10】
強欲で謙虚な壺 3
サイクロン 2
月の書 1
黒い旋風 1
闇の誘惑 1
死者蘇生 1
ブラック・ホール 1

罠【11】
ゴッドバードアタック 3
奈落の落とし穴 2
神の警告 2
激流葬 1
神の宣告 1
ダスト・シュート 1
スターライト・ロード 1


サイドデッキ【15】
スノーマンイーター 2
D.D.クロウ 2
霊滅術師カイクウ 1
大嵐 1
次元幽閉 2
混沌の落とし穴 2
マインドクラッシュ 2
群雄割拠 1
デルタ・クロウ-アンチ・リバース 1
連鎖除外 1


エクストラデッキ【15】
スターダスト・ドラゴン 1
ブラックローズ・ドラゴン 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
A・O・J カタストル 1
TG ハイパー・ライブラリアン 1
マジカル・アンドロイド 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
大地の騎士ガイアナイト 1
BF-アームズ・ウィング 1
BF-アーマード・ウィング 1
BF-孤高のシルバー・ウィンド 1
スクラップ・ドラゴン 1
A・O・J ディサイシブ・アームズ 1
No.39 希望皇ホープ 1
インヴェルズ・ローチ 1



新環境になって早1ヶ月。

前環境であまり使わなかった旋風を新環境で本気出そうと思ったんで紹介。

まぁ、あれです。
トップ記事が1年前の環境になってたんで焦っただけで(((
言わずもがな、2年前あたりから環境に食い込んできた旋風BF。

初登場は2008年11月15日の【CRIMSON CRISIS】
当初は【BF-暁のシロッコ】、【BF-黒槍のブラスト】、【BF-疾風のゲイル】、【BF-アーマード・ウィング】の4体。
サポートカードとしては【フェザー・ウィンド・アタック】が収録。

ネクストレギュレーションの【RAGING BATTLE】にて
【BF-漆黒のエルフェン】、【BF-蒼炎のシュラ】、【BF-極北のブリザード】、【BF-月影のカルート】、【BF-アームズ・ウィング】の5体が登場。
サポートカードとしては【黒い旋風】、【アゲインスト・フェザー】、【フェイク・フェザー】、【デルタ・クロウ-アンチ・リバース】の4枚。
この当時では、【ダーク・ダイブ・ボンバー】によるワンショットキルが流行だったため、
自身特殊召喚効果持ちで、尚且つレベル7のシンクロモンスターを出せることで環境に食い込めたといえる。
そして、なんと言ってもBFは【黒い旋風】の登場により手札が減らず展開力を持つという破格のポテンシャルを秘めていた。
当時は【血の代償】+【ダークゾーン】+【黒い旋風】+【貪欲な壺】等々で軽々8000オーバーのバーンを与えることが可能だった。

さらにネクストレギュレーションの【ANCIENT PROPHECY】にて
【BF-銀盾のミストラル】、【BF-鉄鎖のフェーン】、【BF-大旆のヴァーユ】、【BF-孤高のシルバー・ウィンド】の4体が登場。
この時はサポートカードは無かったが、【BF-大旆のヴァーユ】の登場により墓地シンクロを起点として展開を狙う【墓地BF】が流行し始めた。

その後、【BF-孤高のシルバー・ウィンド】、【BF-そよ風のブリーズ】、【BF-逆風のガスト】、【BF-熱風のギブリ】、【黒羽の宝札】、【BF-バックフラッシュ】、【BF-アンカー】、【ブラック・サンダー】、【BF-二の太刀のエテジア】、【BF-極光のアウロラ】、【BF-激震のアブロオルス】、【BF-マイン】、【BF-尖鋭のボーラ】、【BF-追い風のアリゼ】、【BF-陽炎のカーム】、【BF-天狗風のヒレン】、【BF-流離いのコガラシ】、【BF-空風のジン】と多数の新モンスターやサポートは登場したものの、環境を揺るがすようなカードはほとんど無かった。

2009年9月1日改定の新規制で【BF-疾風のゲイル】は制限へとなるが墓地BFと並び、旋風BFは健在の実力を誇っていた。

2010年3月1日改定の新規制で【異次元からの埋葬】の規制により墓地BFは一時消滅。
同じく、【黒い旋風】も準制限へと規制されるが、旋風BFはいまだ健在のまま環境に居座り続けた。
ただ、この環境の4月に【強欲で謙虚な壺】の登場したため、下克上を果たすかのように墓地BFが少しずつ頭角を現し始める。
このとき、【封印の黄金櫃】の緩和により【櫃旋風BF】が登場し始めた。
【強欲で謙虚な壺】、【闇の誘惑】等のドロー加速から続くように【封印の黄金櫃】で【ハリケーン】、【ダーク・アームド・ドラゴン】をサーチすることにより、安定したワンショットキルができる形の構築となったため環境に食い込んだと思われる。

2010年9月1日改正の新規制では、ついに【黒い旋風】が制限カードと指定され環境から外れると思われたが、
【王宮の弾圧】を自身で積めるシンクロデッキ、【強欲で謙虚な壺】が難なく積めるといった点から安定度は増したといえる。

そして、2011年3月1日改定の新規性でついにBFに大打撃を与えた。
BF最強の戦闘サポート【BF-月影のカルート】が制限、【ゴッドバードアタック】が準制限へと規制され、
一時はトーナメントから外れそうになるが、なんとか環境には食い込んでいた。

その後、現環境である2011年9月1日改定の新規制で【ゴッドバードアタック】の緩和。
もっとも驚きなのは【カオス・ソルジャー-開闢の使者-】の制限化。
これにより、現状では【ライオウ】+【カオス・ソルジャー-開闢の使者-】をメインで積めるという構築にたどり着き、
尚且つ、【BF-空風のジン】が採用されるようになった。
これの理由としては、
【大旆のヴァーユ】に比べて、事故要因として扱われないのと、【BF-極北のブリザード】で蘇生した際に単純にレベル1チューナーとして使えるため柔軟性が増したと思われる。

そして、新カード【エクシーズ】の登場も大きかったであろう。

【No.39 希望皇ホープ】や【インヴェルズ・ローチ】、【イビリチュア・メロウガイスト】といったランク4のエクシーズモンスターが、旋風BFをさらに環境に食い込ませるための底上げをしたと考えられる。





とまぁ、BFの歴史とともに環境に触れたわけですが。

現状のレシピについては言わずもがなって感じのテンプレ構築なんでいいんじゃないかと思います。
異なっているといえば、ヴァーユくらいですしね。

罠部分をシルバーバレットにしてみたり、ファルコン使ってみたり、結束使ったり、墓地型、櫃型・・・

過去を辿れば、色んなこと試してますが自分なりにしっくり来てるのは、やはり旋風型ですね。
ずっと使ってるからこそわかることもあるし、
何より遊戯を真剣に取り組もうとしたきっかけだし、初めてのCSも旋風だったんで愛着湧きますね。

あまり結果を残してないのが、未だに悔やまれるばかりですが、これからに期待ってことでw

ってなわけで、この辺で。

お相手はうさ@でした。

でぁでぁ☆
スポンサーサイト
別窓 | デッキレシピ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<エクレ可愛いよエクレ | Wings to the future... | 繋がり合う涙と絆-Tears and bond->>
この記事のコメント
ヒント:ンヴェルズ・ローチ
2011-10-15 Sat 07:30 | URL | つくだにゃ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメ返
>>つくだにゃ
訂正しました。

毎回コメントThankYou!
2011-10-18 Tue 00:21 | URL | うさ@ #ADFvayiA[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Wings to the future... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。